総合健診推進センター

〒101-0061
東京都千代田区三崎町1-3-12
水道橋ビル2F・3F

●お電話対応時間
 (祝祭日・年末年始を除く)

月曜~金曜 8:30~17:00
第1・第3土曜 8:30~12:15

公益財団法人結核予防会
総合健診推進センター

JR水道橋駅 東口下車 徒歩2分
都営三田線水道橋駅 A1出口下車
徒歩3分
※駐車場はありませんので、
車でのご来所はご遠慮ください。

人間ドック

当センターは、日本総合健診医学会の優良認定施設と認定され、健診機器の更新、健診技術の向上をめざし、お客さまの健康づくりに貢献できるよう努めております。項目内容は、健診レギュラーコースに加えて、各種CT、甲状腺機能検査、骨密度検査、マンモグラフィ、乳房超音波検査、子宮頸部細胞診(自己採取、医師採取)、内臓脂肪測定検査、動脈硬化検査、腫瘍マーカー(CEA、AFP、CA19-9、PSA、CA125)等のオプションをご用意しております。
ご希望に合わせて健診内容を組み合わせることができます。

人間ドックは半日(3時間半程度)で終了し、後日結果郵送、又は予約のうえでの医師面談を行っております。
異常発見時には、医師面談の上、各大学病院、専門医へ紹介を行っております。
お気軽にお問い合わせのうえ人間ドックをお受けください。

 

検査項目 検査内容
診察・問診  
身体測定
(身長・体重・腹囲)
肥満度計算、体内脂肪測定、腹囲の計測による内臓脂肪型肥満診断
血圧測定 座位の最高、最低
胸部X線 直接撮影
消化器検査 胃、食道、十二指腸透視造影(直接撮影) いずれか1つの選択となります
胃内視鏡(病理組織検査は別途料金となります)
腹部超音波検査 胆のう、肝臓、膵臓、腎臓、脾臓
尿検査 蛋白、糖、ウロビリノーゲン、潜血、比重、沈渣
便潜血反応検査 免疫学的便潜血反応(2日法)
血液検査 血液学的検査 赤血球数、白血球数、血色素量、ヘマトクリット、血小板数、MCH、MCV、MCHC
生化学的検査 尿酸、尿素窒素、クレアチニン、総蛋白、アルブミン、総ビリルビン、GOT(AST)、GPT(ALT)、
γ-GTP(γ-GT)、ZTT、ALP、LDH、アミラーゼ、総コレステロール、
中性脂肪、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール、血糖(空腹時)、HbA1c
血清学的検査 血液型(ABO式・Rh式)、ASO価、RA、HBs抗原、CRP 血液型については当所利用初めての方
視力検査 左右の裸眼または矯正視力
眼圧検査 両眼
眼底検査 両眼
心電図検査 安静時12誘導
聴力検査 1,000Hz、4,000Hz
肺機能検査 努力性肺活量、%肺活量、1秒量、1秒率
総合判定 後日医師による面接・指導
人間ドックのオプション項目
検査項目 検査内容
マルチスライスCT
(頭部・胸部・腹部のいずれか1ヵ所)
脳内出血・腫瘍・動脈瘤(頭部・胸部・腹部)などの発見に役立ちます。
従来のCT装置より高画質・高速で、短時間で精密検査が終了します。

 

マルチスライスCT
(頭部・胸部・腹部のいずれか2ヵ所)

HCV抗体検査

C型肝炎ウィルスの感染の有無を血液検査で調べます。
C型肝炎は、慢性化しやすく、さらに一部の人は十数年で
肝硬変・肝がんへ進行すると言われています。

各種腫瘍マーカー(既に採血した血液から検査します)

 

CEA(大腸腫瘍検査)

大腸がんのスクリーニング検査として用いられています。
他に消化管・膵臓・肺のがんなどで高値を示すことがあります。

AFP(肝臓腫瘍検査)

肝臓がんのスクリーニング検査として用いられています。
がん以外の疾患、肝硬変、肝炎などでも高値を示すことがあります。

CA19-9(膵臓腫瘍検査)

膵臓がんのスクリーニング検査として用いられています。
他に胆のう、胆管、卵巣がんなどで高値を示すことがあります。

PSA(前立腺腫瘍検査)

前立腺がんのスクリーニング検査として用いられています。
50歳以上の男性の方には特にお勧めします。

CA125(卵巣腫瘍検査)

卵巣がんのスクリーニング検査として用いられています。
卵巣がんは女性のがんの中で近年増加しているがんの1つです。

FT3・FT4・TSH
(甲状腺機能検査)

甲状腺機能を血液検査で調べます。
甲状腺異常の大部分を占めるバセドウ病・橋本病・甲状腺腫瘍などの診断のもとになります。

骨密度検査 波長の違う2種類のエックス線を上腕部に照射し骨密度を測定します。苦痛もなく手間もかからず、エックス線の被曝量もごく少量ですので、安心してお受けいただけます。
喀痰細胞診 起床直後の痰を提出していただき、がん細胞の有無を調べます。胸部X線と併用して受診されると肺がんの発見に役立ちます。
マンモグラフィ 乳房をはさんで圧迫しながらX線撮影をします。小さな早期乳がんの発見に効果があります。
40歳以上(できれば30歳以上の方も)の方は是非お受け下さい。
乳房超音波検査 乳がんや乳腺の診断を行うのに有効な方法です。乳腺症はもちろん、触診では分からない
小さなしこりまで診断することができます。妊娠中、授乳中の方もお受けいただけます。
子宮頸部細胞診
(ホームスメア方式)
子宮頚部の粘膜を、薄く擦り取った標本(自己採取)で、がん細胞の有無を調べます。
子宮頸部細胞診(直接法) 子宮頚部の粘膜を薄く擦り取った標本(医師による採取)で、がん細胞の有無を調べます。
内臓脂肪測定検査 最新型マルチスライスCTでお腹の周りを撮影し、専用ソフトで脂肪量を計測します。
動脈硬化検査 ベッドで横になって両手、両足首の血圧と脈波を同時に測定することで、
血管の硬さと動脈のつまり具合を調べます。